jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『甘い蜜~always be mine~①』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆







甘い蜜~always be mine~① ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆



「ジェジュン、俺さバイト決まったんだ」

俺の隣の席で講義を受けていたユノが鞄の中に教科書を詰め込みながら

俺に話しかけて来た。


「バイト?いつから?」

俺も同じように鞄に教科書を入れながら

問い返す。


「今日から。

で、今日から一緒に帰れねぇからさ 悪ィ 先帰るわ

また明日な ジェジュン」

ユノはポンっと俺の肩を軽く叩いて

時間に追われるように慌てて教室を走って出て行った。


茫然とユノの走り去る後ろ姿を眺める。



・・・・・・バイト?

バイトの面接なんて いつ行ってたんだ あいつ???


何でも話してくれているとばかり思っていた俺は

ユノが走り去った後も ユノが出て行った教室の出入り口の扉をしばらく見つめた。


なんで急にバイトなんて?


俺は大学に入ってから色んなバイトをしていたが

ユノは夏休みや春休み以外は特にした事がなかった。


俺たちはすでに卒論も提出し終わって

大学最後の冬を迎えるところだった。


ユノが先に帰り、ひとり残された俺は

家に真っ直ぐ帰る事にした。



俺は大学から歩ける距離に下宿していて、

ユノは自分の家から大学まで通っていた。


ひとりでキャンパスをとぼとぼ歩いていると

後ろから

「お?今日、ひとりか?珍しいな(笑)」

同じゼミのやつが声をかけて来た。


「あのな、俺だって ひとりの時あるの!」


「なに?ケンカでもしたのか?あいつと(笑)」

冷やかすように俺の顔をのぞき込んで来る。


「俺たちが一緒に居ないと ‘ケンカ’したことになるんか(笑)」


「いつも一緒に居る二人が一緒に居なけりゃ、‘あれ?’と思うだろ」


「‘バイト’だってよ。」


「‘バイト’? ユノが? この時期に?」


「よくわかんねぇよ、今日さっき聞いたばっかだから。」


「ふぅ~ん、珍しいな」


「だろ?」


「卒論出し終わって 大学最後いまが一番遊べる時間って気ィするけど(笑)


ユノが居なくて寂しいね、ジェジュンちゃん」


「うっせぇよ!!」


「怒っちゃイヤよ(笑) 美人のお顔が台無しよ(笑)」


げらげら笑っているそいつを思いきりどついて

俺はさっさと大学の正門へ向かう。


「うそうそ~ 怒ってる顔も可愛いよぉ


じゃあな、ジェジュン!また明日な!」


後ろから そいつが大きな声で叫んだので

振り返ると

そいつは大きく手を振って

バス停への道へ向かって歩いて行った。




俺は正門をくぐり、

自分の下宿先に向かう。



週末だけとは言わず、しょっちゅう俺の家に入り浸っていたユノ。


俺がバイトがある時も俺ん家で待ってるとか言って、

俺の部屋で待ってる事もあった。



俺は家につくと

ソファーの上に鞄を置いて・・・・


カーペットに寝転がった。



ぼんやり天井を見つめながら


なんか・・・・・ユノが居ねぇと・・・・ひまだな。と思った。



ユノ以外に友達が居ないわけじゃねぇけど・・・・



ポケットからスマホを出して

アドレスを眺めたが

特にいますぐに遊びたいと思うやつも居なくて


アドレスを閉じると

スマホの中に保存してある写真を眺めた。


大学の友人たち大勢で撮った写真もあるが

やはり一番多いのは

ユノとふたりで撮った写真だった。


なんで急にバイトし始めたんだろ?


・・・・・・バイトの面接受けたなんて話


俺 聞いてねぇけど・・・・・









『甘い蜜~always be mine~①』

jjyukihito

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
107位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。