jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 乱反射(社会人編) 乱気流⑫ 』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆



あんにょん

お待たせいたしました

本日のゆのじぇじゅん創作小説は

『乱反射』の続きですドキドキ

前回のお話はこちらからお願いいたします
↓↓

『 乱反射(社会人編)乱気流⑪ 』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆





乱反射(社会人編) 乱気流⑫ ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆




熱い口づけを交わし合って

そのあとユノは俺を包み込むように

抱きしめた。


俺を抱きしめながら

「ジェジュン・・・・

大好きだ」


ユノに‘大好きだ’と囁かれると

さらに胸が高鳴った。


ユノの腕の中に抱きしめられて

幸せを感じた。


しばらくの間ふたりで抱きしめ合って

それから俺は

「今夜・・・・ベッドで寝ないか?」

とユノを見つめると


「え?」

ユノが固まって


みるみる顔が赤く染まった。


「え???


や、変な意味とかじゃなくて」


俺は慌てて否定した。



「い、良いのか??」

顔を赤く染めたままユノが返した。



「え??? え・???」俺の顔まで熱くなって



「あ、だから・・・今のも変な意味じゃなく

‘何かする’とかじゃなくて

ベッド眠るのが良いかって事」ユノも慌てまくってる。


ユノは体を起して

「ほんっと、えっちな事考えてるわけじゃ」

そう言いながらどんどん顔が赤くなってる(笑)


俺も体を起こした。


「わ、わかってるよ(笑)」


ふたりで照れ笑いして


「・・・・・・今夜は一緒に眠るだけにするから」

ユノの言葉に俺はさらに顔が熱くなった。



ふたりで妙に緊張しながら

寝室へ移って

ふたりでベッドの中に入った。


今までだって

何度も同じベッドで眠って来たのに

今夜はめちゃくちゃ緊張している。


「あっ!!」

ユノがいきなり叫んでベッドから起きあがったので

俺もびっくりして

起きあがった。


「どうした???」


「いや、着替えんの忘れた」


「あ、あ、俺もだ」


「さっきジェジュンが持って来てくれた着替え・・・

リビングだ。着替えて来る。」


「わかった」


ユノがリビングに着替えに行ったので

俺も着替える事にした。


今までタンクトップに、下はパンツで

平気でユノと同じベッドで眠っていたが

今日はちゃんとパジャマを着た。

なんとなく・・・・・・・

別に男同士・・・・下着姿なんて見られたって平気なはずなのに

今夜は・・・・恥ずかしかった・・・。



ユノが寝室へ戻って来ると

俺のパジャマ姿を見て


「珍しいな、パジャマ。

可愛い」

なんてユノが嬉しそうに言って来るから


どきどきして

また顔が熱くなる。


完全に意識し過ぎてる。


ユノがベッドの中に入って来た。


俺は緊張しながら

横たわった。


「お、おやすみ」

緊張しながら俺は瞳を閉じた。



「・・・・・・眠る前に・・・・


もう一度だけ


キスして良いか?」


ユノの声で

ユノも緊張しているのがわかった。



「・・・・もう キスは だめだ」

今キスしたら・・・・

俺はそのあとどうなるか自信がなかった。



「そう・・か・・・・。


わかった。


おやすみ」


ユノの寂しそうな声・・・・


胸が痛んだ・・・・。



「おやすみ・・・」


ユノとキスするのは

イヤじゃない・・・・


本当は

ただ恥ずかしかっただけだ。


瞳を閉じる事

数分・・・・・・



その数分がすごく長く感じた。



ユノが起きあがる気配がした。


「やっぱ

リビングで寝る」


「え?」


ユノはベッドから抜け出ようとした。


俺は少し慌てて

ユノの腕をつかんだ。


「・・・・キス・・・・断ったから


怒ったのか??」


「ちがう。」


ユノははっきりとした口調で言った。



「お前を・・・・


・・・・・・抱きたいって今思ってる・・・・・


自分を抑える自信ないんだ。


無理やりにはしたくない。


だから・・・・一緒に居られない」


俺に向けているユノの背中に

切なくなった。



俺がキスを断ったりしたから・・・・

ユノを傷つけてしまった・・・・。



俺はユノの背中に顔をうずめた。



「ごめん・・・・


恥ずかしかっただけなんだ・・・・・


イヤで断ったんじゃない」


俺はユノの背中に顔をうずめたまま

後ろからユノを抱きしめた。



「キスも・・・その先の事も・・・・

ユノとなら

・・・・・したい」







『乱反射(社会人編)乱気流⑫』

jjyukihito

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

スポンサーサイト

Comment

1. ありがとうございます~~♡

起きてると、こんないいことが有るなんて♡

いっぱい小説アップしてくれて、ありがとうございます♡

今晩は新しい話も読めて、とっても幸せです
  • posted by けいちゃん
  • URL
  • 2014.09/14 03:09分
  • [Edit]

2. (●^o^●)

ユノ君☆ジェジュン君二人の想いは…

なんだかドキドキしながら読んでいきました
二人の緊張感が 伝わってきます

どうなるのかなぁ?

二人のパジャマ姿
妄想中~☆

ユノ君が飛び起きた瞬間のジェジュン君の条件反射的な…(;^_^A

続きが
気になります(#^.^#)
  • posted by カブト
  • URL
  • 2014.09/14 06:20分
  • [Edit]

3. 無題

ドキドキドキドキ(*≧∀≦*)

心臓がユノとジェジュンと同じように^^;

私まで緊張してきます(笑)
  • posted by りっち
  • URL
  • 2014.09/14 15:09分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
112位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。