jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限『Black Rain 31』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆



あんにょん

本日ふたつめのゆのじぇじゅん創作小説は

『Black Rain』の続きです

さきほどのお話はこちらからお願いいたします薔薇(ブルー)

↓↓

『 Black Rain 30 』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆





Black Rain 31 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆



「ユノ、先に風呂入って来いよ。

俺 お前のあとで良いから」

と言う俺の言葉に素直に従って

ユノはいま風呂に入っていた。


ユノが風呂に入っている間

寝室でベッドに横たわり雑誌を眺め

ユノが風呂から出て来るのを待っていた。

俺は緊張しながらも

今夜のしおらしい様子のユノが可愛くて・・・・

自然と笑みがこぼれた。



しばらくすると

ユノが風呂から出て来て

腰にタオル1枚巻いた姿のユノがあらわれた。

俺は恥ずかしくなって

「な、なんで そんな格好で出て来るんだっ!!」


ユノは横たわっている俺の横に腰掛け

俺の体の上に覆いかぶさって来た。


そして耳もとに

「・・・すぐに脱ぐだろ?(笑)」


ユノの顔を見れば

にこにこと笑っている。


「あ!ユノっ(笑)

今夜は しおらしいと思ったけど!!

撤回(笑)」


俺の体を押さえ込みながら

ユノは

「ジェジュン、俺の思うままで良いって言ったぞ」


にこにこしながら

俺を脱がしにかかる。


「ちょ、俺、風呂入りたい」


「そのままのジェジュンが良い」


そう言ってますます俺の体に腕を絡めて来る。


「こら、離せっ」


「やだ(笑)」


さっきまでの やけに しおらしかったユノの姿は・・・ない。


「ジェジュンの匂い・・・好きだ・・・」


ユノは俺の首筋に顔をうずめながら

クンクンして来た。


「匂い嗅ぐな(笑)

シャワーだけでも良い、浴びさせてくれ」


俺の言葉に構わず

俺の首筋に唇を這わせて来る。


「ジェジュン・・・いい匂いする・・・」


首筋を這うユノの唇がくすぐったいやら気持ち良いやら

そのうち首筋から胸元へ降りていったユノの熱い唇は

思いきり俺の素肌を吸った。


「んっっ


跡つけんなっ」


ユノに唇で吸われて

体に甘いしびれが走る。


「離せったら

シャワー・・・」


俺の次の言葉はユノの唇に塞がれ

言葉ごと飲み込まれた。


「んんっ」


いきなり激しく口づけて来たユノに

俺は思わずユノの背中にまわして

指先に力を込めていた。


「ユ・・ノ・・・」


ユノの熱く激しい唇に・・・・

意識が・・・・遠く・・・・

ユノの唇に・・・・溺れてゆく・・・・


深く唇を重ねながら

ユノは舌を差し込んで来た。

俺の舌先を探して・・・

絡めて来る・・・・


ユノの柔らかな舌から

俺の体に甘い快感がじわじわと広がり

口づけはどんどん深く

ますます激しく


寝室の中にふたりの熱い吐息と息遣いが響く。

唇からこぼれる濡れた音も

乱れてゆくばかりの俺たちの息遣いも

どこか現実ではないような

ふたりだけの倒錯した甘い世界へ導いてゆく。


口づけながら

いつの間にかTシャツの中に差し込まれたユノの手が

俺の胸まで這わされ・・・

俺の胸の先端に触れる。


ユノの指先が胸の先端に触れると

さらに体に甘い快感が走り


その焦れるような感覚から反射的に逃れようとすると

ユノは俺のTシャツを上まで たくし上げて

唇に口づけていた唇で俺の胸の先端を口に咥えた。


口に含みながら

ユノはその熱い舌先で先端を舐め上げる。


「・・あっ ユノ」


胸の先端を片方はユノの指先で触れられ

もう片方は舌先で・・・・


・・・・・気持ち良くて

俺は思わず甘ったるい声で喘いでいた。


執拗に胸を攻めて来るユノに

乱れるばかりで

感じすぎて

目尻に涙がにじむ。


胸をいじっていたユノの熱い唇と舌先が離れ・・・

熱い息遣いで耳もとに囁いて来た。


「これでも・・・まだシャワー浴びたい?」


優しく いじわるく・・・・甘い声で囁いて来るユノを・・・

俺はもう力の入らない体で・・・瞳だけで睨みつけた。


「・・・・・・・ばかユノっ(笑)」


俺はユノの首に腕を絡めて

ユノの耳元に囁く。


「なるべく・・・優しく抱いてくれ・・・・


この間・・・・・壊れそうだった」


俺はわざとお前を誘うような瞳で見つめた。




「俺が欲しいなら


・・・俺の心 離すな・・・


ずっと・・・・」







限『Black Rain 31』
jjyukihito

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

スポンサーサイト

Comment

1. はぁー♡

甘い♪
意地悪も 甘いです( 〃▽〃)

  • posted by hiRo
  • URL
  • 2014.07/26 04:06分
  • [Edit]

2. 無題

朝から甘~い(//∇//)
ジェジュンの恥ずかしがりやさんのとこが可愛くて仕方ない(*´∇`*)
ユノが押してくる感じも好き~(*≧∀≦*)
このお話の二人が好き過ぎてどうしよう(^^)
  • posted by りっち
  • URL
  • 2014.07/26 07:07分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
73位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。