jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『乱反射(社会人編)乱気流①』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

おはようごじゃいます



本体ブログでは『Black Rain』と、もうひとつ別のお話『乱反射』と言う‘ゆのじぇじゅん創作小説’を書いておりました。

本体ブログから ずっとお引っ越ししないまま そのままでしたので

今日お引っ越しいたしました。



Black Rain』とはまた違うユノとジェジュンのお話です☆

ゆのじぇじゅん創作小説『乱反射』も、こちらで少しずつお届けできれば・・・と思います。


jjyukihito


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚







『 乱反射(社会人編)乱気流① 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆




俺たちは大学を卒業した後、俺とユチョンは同じ会社に就職した。

二人で相談したわけでもなく、目指す道がたまたま一緒だったからだ。


ユノは違う会社へ就職した。


ジュンスは舞台俳優を目指し、劇団へ入った。


年下だったチャンミンはひとりまだ大学生で、俺たち4人がいっきに大学を卒業し、

‘せいせいした’だの言っていたが、強がりに決まってる(笑)

俺たち4人が卒業した後も、なんだかんだ電話をしてくるあたり可愛いヤツだ。



会社へ入社後は、一ヶ月間の研修があり、新入社員は研修所へ寝泊りしていた。

一ヶ月の研修も、あと数日で終わろうとしていた。

そんなある日、久しぶりにユノから連絡が来た。


ユノの会社では研修期間が終わり、各部署へと配属になったらしい。


‘明日金曜の夜、会えないか?久しぶりに飲みに行こう’と誘われた。


‘・・・ユノ、いつも誘って来るのお前だけど、

先につぶれるのもユノなんだけど(笑)

また俺に介抱させる気??(笑)’


‘(笑)・・いや、今回こそ大丈夫だ(笑)

明日空いてるか?’


‘どこ行く?’


‘お前好きなところ予約しといて’


‘ソフトドリンク多いところにしておこうか??(笑)’


‘(笑) ジェジュンに任せる’


‘わかった(笑) 店予約したら場所メールする’


‘おぉ。頼む’




ユノに会うのは、会社の入社式の前日以来ぶり。


俺はユノが好きそうな食事が出て来そうな店を選んで、

予約を入れた。


店の場所をメールすると、

店の場所はわかりそうだから直接店の前に待ち合わせしようと

すぐに返事が返って来た。





そして当日、金曜日の夜。

待ち合わせの時間は5分ほど過ぎているが・・・・

ユノが来ない・・・・・。



おかしいな?



やっぱ、店の場所わかんないのか??









『乱反射(社会人編)乱気流①』 

jjyukihito

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
121位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。