jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Black Rain⑲』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆




あんにょん

大変 ながらくお待たせいたしました。

『Black Rain』の続きをようやくお届けできますドキドキ




Black Rain⑲ ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆


俺はユノにリビングのソファーに押し倒され

唇を塞がれた。



これでもう何度目のキスだろう

ユノと再会してからというもの、

俺は一度もOKしていないのに

毎回毎回強引に口づけて来るユノ。



ユノの舌先が俺の舌先を絡めて来ようとするのを

俺は必死で逃げようとするが

ユノは俺を押さえ込んで さらに深く唇を重ね合わせて来るので

逃げるにも限界がある。



そして俺はユノの口づけを受けながら 気づいてしまった・・・

ユノの舌先が俺の舌先に触れる時・・・・・

・・・・・・・‘気持ち良さ’を感じること・・・・・



自分でもどうしてか わからなかった・・・。

強引に口づけて来るユノを

男同士であるにもかかわらず、不思議と‘きらい’とは感じていなかった。

一度たりとも俺から口づけを許した覚えもなく

強引な口づけなのに・・・・・。



かと言って、このまま口づけを受けているわけにもいかないので

「離 せっ!!」

唇の間から必死に抵抗した。



そして今度は、こともあろうにユノのやつ、俺自身を撫でて来た。



ばかやろっ!!!!!!!



いい加減にしろっ!!!!



俺はユノに唇を奪われながら

俺自身を撫でて来るユノの手から逃れようと

必死に抵抗した。



しかし逃げようとすればするほど

深く口づけられ、

ユノは執拗に俺自身を撫でて来る。





そして・・・自分でも信じられない事が俺の体に起こりはじめた。



それは・・・・・


ユノが触れている その場所にだんだん熱を帯び始めている。


俺は動揺した。


自分で自分の体に起こっている現象が信じられなくて

愕然とした。



俺自身が変化しはじめると、

ユノは強引に口づけていた唇を離して・・・

優しくて・・・とろけそうなほど甘い瞳で見つめて来た。



「・・・・ジェジュン・・・・・

嬉しい・・・・

俺に感じてくれて」



そんなことをぬかして来やがった。



「感じてないっ!!」



俺は自分の体が恥ずかしくて涙が出そうになった。



でも実際には涙は出なくて・・・・

実際に出たのは、

強引な唇から解放された唇から

俺の声と思えないような

甘い吐息がもれた。



もう自分で自分がわからない。



ユノに俺自身を撫でられながら

甘い吐息をこぼしている自分が・・・・。



俺の唇から甘ったるい吐息がこぼれると

ユノは調子にのって、ますます俺自身を撫でて来る。



ユノにさらに撫でられると

・・・・・・・俺の体が・・・・熱くなって・・・・・・

俺自身が熱く・・・・・・ますます張りつめてゆく・・・。



ユノはもう強引には口づけて来なかった。



俺の甘ったるい声をユノはとろけそうな瞳で聞きながら、

その大きな手で俺自身を翻弄してゆく。



塞がれていない唇から


「ユ ノ・・・やめ・・・ろ・・・・」


まったく説得力のない甘い俺の声・・・




「はぁっ」


俺は息遣いさえ熱く乱れ始めた。


自分が怖くなった。



頭の中では逃げたいと思っているはずなのに、

気づいたら・・・・ユノにしがみついていた。



熱く固く昂ぶっている俺自身はもうジーンズがきつくて、



「ジェジュン・・・・」

ユノが優しく囁いたかと思うと

再び俺の唇をふさいで口づけて来た。


ユノの甘い口づけ・・・・

俺はめまいがした。

熱く変化してしまった俺自身は

その欲望を抑えきれず

熱い欲望を吐き出す出口を求めている。



ユノの熱い口づけに

俺はいつの間にか応えはじめ、

「んっ ユ ノ・・」

俺の指先はユノの背中をきつく抱きしめていた。







『Black Rain⑲』 jjyukihito

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

スポンサーサイト

Comment

1. 無題

とうとう ジェジュンも目覚めてしまうのかな?
自分でも気づかなかった自分に・・・

お待ちしていました続き楽しみにしています。
  • posted by keichan
  • URL
  • 2014.05/11 07:05分
  • [Edit]

2. あんにょん♡



やべーァハハ・・(´▽`)oO(ワラットクカ)


  • posted by Ayyy Girl
  • URL
  • 2014.05/11 10:17分
  • [Edit]

3. アメンバー申請

探してたどり着きました。あちらの方にも申請させて頂きます。うさこです。ジェジュンペンです。よろしくお願いいたします。
  • posted by うさこ
  • URL
  • 2014.05/11 21:55分
  • [Edit]

4. おはようございます

ゆきひとちゃん
昨日と今朝にかけて
始めから 一気に読ませていただきました

途中に自然と うるうるしたり ジェジュン君の挙動不審な 感情にクスッってなったりユノ君のせつない想いに 胸が 苦しくなったりと ジェジュン君の 心と身体の矛盾に 戸惑う感情に…(#^.^#)
いろんな表情のジェジュン君を 妄想して ユノ君のジェジュン君をずっと想い続けてきたせつなさが 一気に爆発してる 激しくでも優しい心情に 私も頭の中や胸の高鳴り 苦しくなったりと 二日間で 恋愛映画をみてる気分に なりました

頭の中で 場面が 浮かび楽しかったです

次回の展開もボチボチ更新待ってま~す

ゆきひとちゃん
ありがとうございましたm(__)m
  • posted by カブト
  • URL
  • 2014.05/12 08:19分
  • [Edit]

5. やっと来られました♪

F2ブログの方はブックマークしてあったのですが…(>_<")たどり着けて良かった♪

こちらの二人もやっぱり好きです☆☆☆

のんびり更新でも結構ですので、楽しみにしております♪v(*'-^*)^☆
  • posted by Jプードル
  • URL
  • 2014.05/16 23:56分
  • [Edit]

6. 承認ありがとうございました。

戻って読み直して来ます。

ゆっくりとじっくりと^^

  • posted by まうむ
  • URL
  • 2014.08/20 17:10分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
112位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。