jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『巴里(パリ)の風(恋人編)Bourgeon doux reve~ブルジョン・ドゥレーブ/夢の蕾~⑤』

o0800106413151974572.jpg


お待たせしました。
『巴里(パリ)の風』の続きです。
前回のお話はこちらです

『巴里(パリ)の風(恋人編)Bourgeon doux reve~ブルジョン・ドゥレーブ/夢の蕾~④』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆



『巴里(パリ)の風(恋人編)Bourgeon doux reve~ブルジョン・ドゥレーブ/夢の蕾~⑤』
☆ゆのじぇじゅん創作小説☆


P5032984a.jpg


《ユノ視点》

今日は早番なので夕方17時に仕事を終え、帰宅する。
馴染み業者の心遣いで届けてくれた‘Bourgeon doux reveブルジョン・ドゥレーブ’と‘ブルースター’ももちろん一緒に。
陽は既に傾き、オレンジ色の街灯が街を染めている。

耳の奥までキンと痛くなる真冬の冷え込んだ空気さえも、今夜は心地良く感じた。
心待ちにしていた花がようやく手に入った嬉しさと、馴染み業者のあたたかな心に触れた事…
そしていよいよジェジュンに自分の気持ちを伝える緊張もある。
ジェジュンは贈り物を喜んでくれるだろうか…

オレンジ色に染まる夜の石畳の道を自転車で走りながらジェジュンの事を想った。
何度この石畳の道をジェジュンとふたり通った事だろう、
誰も居ない事を確かめてそっと手を繋いだり…ひっそりと口づけ合ったり…
愛するジェジュンと歩く時、真冬の寒さを忘れるほど俺には幸せで…
そんな幸せがずっとずっと続いて欲しいと毎日願っている。


自分のアパルトマンに帰宅し、
持ち帰った花たちを、水を張ったバケツにすぐに入れた。
そしていつかの日のために、と用意していたブーケホルダーを戸棚から取り出して来て
ブーケを作る下準備をした。
キッチンの棚からバットを出し、水を入れてリビングのテーブルの上に運び、
ブーケホルダーのオアシスをバットの中に入れて吸水させる。
下準備をしてから俺はジェジュンが働いているレストランへと向かった。

再び自転車に乗り、
真冬の風を切って走る。
オレンジ色の街灯が立ち並ぶ石畳の道をひた走る。
途中幾つかの坂道を越えて…。

ジェジュンが働いているレストランの近くまでやって来て
自転車を停め、街灯と自転車をワイヤーで繋ぐ。

店内をのぞくと
夕食時間には少し早い時間で、まだ満席にはなっていなかった。

Les_Cocottes_exterieur.jpg

ガラス越しにキッチンが目の前に見えるカウンター席に腰掛け、
ジェジュンの姿を探す。
ジェジュンの姿を見つけ、つい目で追ってしまう…ジェジュンが不意にこちらを見て俺に気づいた。
嬉しそうに微笑んで俺の方へ歩いて来る。

いつ見ても美しい俺の恋人…


「ユノ、いらっしゃい。
夕食を?」

「あぁ。
ジェジュン、…明日の夜、遅番だったと思うんだが…
少しだけ…部屋に逢いに行って良いか?」

「明日?
今週末ノエルで一緒に過ごす予定だけど…都合悪くなったとか?」

「いや、違う。
明日、話したい事があるんだ。」

「話し…たい事?
遅くなるけど良い?」
ジェジュンは不思議そうな表情をしたけど
すぐに優しい笑みを浮かべた。

「10時半頃には帰ってると思う」

「じゃぁ、その頃ジェジュンのアパルトマンへ行くよ」

「わかった。

あぁ、オーダーは?何にする?」

「ジェジュンに任せる」
と答えるとジェジュンは
‘Oui (ウイ)’と返事してキッチンへ戻って行った。

明日も…‘Oui(ウイ)’と返事が返って来るだろうか…

キッチンへ戻って料理を作り始めたジェジュンの姿をガラス越しに見つめながら
ドキドキと胸の高鳴りと…明日への緊張感も感じた。


ジェジュンの作ってくれた夕食を食べて、幸せを感じつつ自分のアパルトマンへ帰り、
明日ジェジュンへ渡す贈り物を作り始めた。




『巴里(パリ)の風(恋人編)Bourgeon doux reve~ブルジョン・ドゥレーブ/夢の蕾~⑤』
jjyukihito
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1562位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
99位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。