jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『巴里(パリ)の風(恋人編)Bourgeon doux reve~ブルジョン・ドゥレーブ/夢の蕾~②』

o0800106413151974572.jpg


お待たせしました。
『巴里(パリ)の風』の続きです。
前回のお話はこちらです

『巴里(パリ)の風(恋人編)Bourgeon doux reve~ブルジョン・ドゥレーブ/夢の蕾~①』



『巴里(パリ)の風(恋人編)Bourgeon doux reve~ブルジョン・ドゥレーブ/夢の蕾~②』


《ユノ視点》

ジェジュンがいきなりキスして来た。
一度目のキスはチュッと触れるだけのキス。

二度目は深く…

夜の冷えた空気で冷たくなっていた唇がジェジュンの唇であたためられ
落ち込んでいた気持ちを優しく包むようなその口づけに
心までがあたたかくなった。

唇からジェジュンの優しさが伝わって来る…。
ジェジュンはいつもこうして自然に俺を元気づけてくれる。

愛おしさがこみ上げ
俺に口づけてるジェジュンをぐっと抱きしめた。

唇を離して
「ジェジュン、…愛してる。」
ジェジュンと付き合い始めて何度となく囁いて来た‘愛している’と言う囁き。
‘愛してる’と言う言葉では伝えきれないほど想いは募ってる。

俺の愛の囁きにジェジュンは嬉しそうに俺を見つめ返す。
オレンジ色の街灯に照らされているジェジュンの瞳は濡れてきらきらと輝いてる。

美しいジェジュン…
時折、俺には勿体無いくらいの恋人だと思う。
けれども自分のジェジュンへの気持ちは誰にも負けないと思ってる。
ジェジュンをもう一度腕の中に抱きしめて
「お前を離さないから…ずっと…」
ジェジュンに囁く。
「うん…」
ジェジュンは静かに頷いた。

寒い冬もジェジュンと一緒に居ると
心はぽかぽかとあたたかかった。

俺たちふたりは再びジェジュンのアパルトマンへの道のりを歩き出す。
静かな夜道をジェジュンと歩きながら
他愛のない話をする。
それさえが俺には大切なものに感じた。
ジェジュンと一緒に過ごすどの時間も俺には宝物だ。
ジェジュンへの気持ちが溢れて会話の途中で俺はまたジェジュンに囁く。
「…愛してるよ」

ジェジュンが照れて
「唐突だよ、ユノ」とはにかむ。

「言いたくなったんだ(笑)」
自転車を片手で引きながらジェジュンの腰に腕をまわし自分の方へ抱き寄せた。
俺は立ち止まり…
ジェジュンの唇に口づけた。

唇を優しく重ね
そっと舌先を忍ばせる…。
ジェジュンは大人しく俺の口づけに応える。
唇を深く重ね合わせ舌を絡め合った。
舌先から甘い快感が体に拡がってゆく。
「んっ…」
ジェジュンの唇から蜜のような甘い吐息が蕩ける…

離しがたい唇をようやく離す。

ジェジュンが高揚しているのがすぐにわかった。
俺自身も…熱くなりかけてる。

ふたりで見つめ合って
「……今すぐに抱きたくなった」と正直に伝える。
ジェジュンは
「早く帰ろ」と上目遣いで俺を見つめ返して来た。

熱くなってる体を抑えつつ
俺たちはジェジュンのアパルトマンへと帰途の足を速めた。

石畳を歩く足音が足早になる。

時々ふたりで顔を見合わせては笑い合った。
冷えた空気の中、息が白く吐き出される。

ようやくアパルトマンへ辿り着くと
買って来た食材を急いで冷蔵庫にしまい…

まだ暖まっていない寝室のベッドの上でもつれ合うように抱きしめ合った。

服を脱ぐのももどかしいほど…
唇を求め合いながらお互いの着ているものを荒々しく脱がし合う。

部屋の中の空気が暖まり切っていないので
全裸になった後、ベッドの中に潜り込んで愛し合った。

「ぁあ、、、ユ…ノ」
色香が立ち上る甘い声をすぐにこぼし始めるジェジュン。

その甘い喘ぎ声に誘われ
ますますジェジュンの素肌に余すところなく唇を這わせてゆく。

「…ん、…ふ……ぁ」
次から次へと零れるジェジュンの蜜のような甘い吐息に
俺は溺れ…

俺の体の中を滾る熱さは加速していった。

「愛してる、ジェジュン…
愛してるよ…」
何度も囁いて。

ジェジュンを抱きながら
ある決意を固めていた。




a0100975_1111481.jpg



『巴里(パリ)の風(恋人編)Bourgeon doux reve~ブルジョン・ドゥレーブ/夢の蕾~②』
jjyukihito

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
2428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
178位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。