jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限②『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑲とろける』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

B37IHsNCIAAg09l.jpg

‘整形外科医ユノ’&‘ジェジュン外科医’バージョンの新作『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)』の続きです。
前回のお話はこちらです。

限①『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑱愛し合う』



限②『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑲とろける』

☆ゆのじぇじゅん創作小説☆



dm-ka03n_01.jpg



先生をそっと抱きしめながら
先生の昂りに自分の昂ぶっている熱いモノを押し当てた。

「ジェジュン先生…
俺も…こんなに熱くなってる…
先生と一緒です」
先生を腕の中に深く包みジェジュン先生の耳元に優しく囁いた。

そして先生の昂ぶりに自分の熱くなってるモノを擦るようにゆっくりと腰を揺らし始める。

「あんんっ」

ジェジュン先生の唇から甘ったるい喘ぎ声がこぼれた。

先生の体をベッドに倒してズボンの中に手を滑り込ませ
ジェジュン先生の昂ぶってるものを手の中に握る。
熱いそれは俺の手の中でびくんとますます固くなった。

先生の熱く昂ぶってるそれを握り込んで
優しく手を動かし始める。

先生は快感に身をよじらせながら俺の体にしがみついて来て
先生の熱い吐息が俺の首筋をくすぐる。

ジェジュン先生の乱れてゆく熱い息遣い。
先生のとろけてる顔が色っぽくて
先生のすべてが見たくなった。

「ジェジュン先生、

脱がしても…良いですか?」

先生は蕩けた瞳で
「…はい…」
と答えた。

先生のズボンを下着ごと脱がして
自分もズボンを脱ぎ
ベッドの上で横たわっている先生に微笑みかける。

先生を腕の中に抱きしめて
ジェジュン先生の温もりを確かめる。
先生を見つめながら
「ジェジュン先生
愛してます」
愛を囁くと

先生はこの上なく嬉しそうに
「俺もユノ先生愛してます」
と微笑む。

ジェジュン先生への気持ちが溢れ
「先生…
もう止められそうにない」
先生をかき抱いて
思うままジェジュン先生の体に愛撫し始めた。

ジェジュン先生の首筋に胸元に…下腹部に
そして先生の脚を開いて内腿に…
ジェジュン先生のそのしなやかな体あますとこなく唇で伝い這わせ…

先生は俺の唇に感じて
半開きになった色っぽい濡れた唇から次から次へと甘い喘ぎ声がこぼれ
俺を酔わせてゆく。

ジェジュン先生の体の中心を見つめれば
その熱い昂ぶりの先端の割れ目から透明な蜜がこぼれ始めていた。

先生の体じゅうに唇で愛撫していた俺は
再びジェジュン先生の体の上に重なり
先生の昂ぶっているそれに自分の昂りを重ねて擦るように腰を揺らす。

「あぁっ……せんせ…」
甘えた声をあげながらジェジュン先生の細い腰も揺れ始めた。

ふたりでお互いの昂りを感じながら
腰を揺らし合って
ジェジュン先生の唇からも俺の唇からも
熱い息遣いがどんどん乱れていった。
お互いの昂ぶりから溢れてる透明の蜜が絡み合い
火照った熱い体には汗が伝い、ふたりを濡らしている。

「はあっはぁっ…せん、せ…
あ……とけそう…です……」
上気したジェジュン先生の表情の艶っぽさ。
その瞳はとろんと濡れ先生があまりに色っぽすぎて
俺の腰がますます激しく揺ぎ ジェジュン先生の昂ぶってるそれを擦った。

「ああぁっっ せんせっ そんなに激しくしたらっ

あんんっ、……も…イキそう です」
とろけきった瞳で俺を見つめて喘ぐジェジュン先生。

俺は先生の唇に熱い口づけをして
ふたりが同時にイケるようにふたりのものを擦りながら いっそう激しく腰を揺らした。
ジェジュン先生も喘ぎながら淫らに腰を揺らす。
淫らでいて美しく…快楽に溺れる様はひときわ艶っぽい…

体じゅうを駆け巡る甘美な快感にとろけ
ふたりの腰の揺らぎは快感だけを追って激しく
呼吸はぴたりと重なり合いながら
「ああぁっっ せんせ」
ジェジュン先生の昇りつめた とろけた声と同時に
ふたりの体にお互いの熱い愛液が飛び散った。


ふたりで同時に絶頂に達した俺たちは
「はぁ…はぁ…はぁ……」
ジェジュン先生も俺もしばらく息遣いは乱れたまま
汗と愛液で濡れたお互いの熱い体を抱きしめ合って…
愛を確かめ合った余韻にふたりで酔いしれた。


腕の中に包んでる先生にもう一度囁く。
「ジェジュン…
…愛してる」

ジェジュン先生は幸せそうに
「愛してる…
ユノ…」
濡れた瞳で俺を見つめ返した。





B4VoZuTCAAAiDTY.jpg





限②『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑲とろける』
jjyukihito

加工画お借りしてます


スポンサーサイト

Comment

ゆきひとさま

あああああああ
ジェジュン と ユノ になった (号泣)
この瞬間!!!!
からだに電流が流れましたよー。

続けて読めてしあわせです。
まだ浸っていたいので感想短いです。ごめんなさい。
  • posted by yuu
  • URL
  • 2015.08/02 13:40分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
150位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。