jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『LOVE PHANTOM ラブ・ファントム(外科医ユノ×外科医ジェジュン)⑥彼の叔父』

704_1494467_965420.jpg

あんにょん
新作『LOVE PHANTOM ラブ・ファントム(外科医ユノ×外科医ジェジュン)』の続きです

『LOVE PHANTOM ラブ・ファントム(外科医ユノ×外科医ジェジュン)⑤彼との始まり』





『LOVE PHANTOM ラブ・ファントム(外科医ユノ×外科医ジェジュン)⑥彼の叔父』

☆ゆのじぇじゅん創作小説☆


「本当に良いんですか?」

ジェジュン先生の住まいを聞くと
自分の家にわりと近くて驚いた。

「もちろんですよ」

彼を自宅まで送る事になり
パーティー会場へ戻る。
パーティーはすでに終わり、
ドクターは招待客の見送りをしていた。

ふたりでドクターの元へ行く。
「ジェジュン君、もう大丈夫か?」

「ご心配おかけしてすみませんでした」

「いやいや、パーティーの席は苦手だと言っていた君を無理に誘ったのは私だ。
食事がほとんど出来なかっただろう?大丈夫か?」

「はい、自宅に戻れば食事できます。
ありがとうございます」

「ジェジュン先生は俺が送る事になりました」

「ああ それなら安心だ。
ふたりとも気をつけて帰ってくれよ。」

彼と俺はパーティー会場を後にした。


「今日はお世話になりました。
昼間もお世話になって…帰りまでありがとうございます」

「気にしないでください。
俺の家と近くです」

「よろしくお願いします」

ドクターの自宅から彼の家までの帰り道
俺にとってはデート気分だ。

彼と過ごせる時間は幸せな時間だった。

彼の声が心地良く耳をくすぐる。


これから研究室で彼に逢えると思うと胸が高鳴った。

彼の家が近づくにつれ
このまま彼を連れ去りたいと心の中で思った。

彼は俺の気持ちには今はまだまったく気づいていない。

いつか 彼の心の中に棲むことが出来たら…
そんな事を胸の奥に秘かに思いながら…

楽しい時間とは本当にあっと言う間に過ぎ去ってしまう。
彼の家のあたりまで
もう帰って来てしまった。

「どちらの家ですか? このあたりですよね?」

「はい、あの真っ白な家です」

ジェジュン先生の指差したその屋敷は
かなり大きな屋敷だった。

「ずいぶん広いご自宅ですね。
叔父さんの御家族とお住まいですか?」

「いえ、叔父と俺と2人暮らしです。
叔父のアトリエと兼用なのです。
裏に叔父が育てているハーブ園などもあります。
ちょうど 庭で水を撒いてるようです」

ジェジュン先生の自宅の庭で男性が水撒きをしているのが見える。
顔立ちは先生に似ているとは感じなかったが
かなり綺麗な男だ。

自宅前に着き
「ユノ先生、ありがとうございました。
これからよろしくお願いします。
すっかりお世話になったし
研究室でもお世話になりますので
ユノ先生を叔父に紹介したいのですが…」
とジェジュン先生が言うので
先生と一緒に車を降りる。

「ちょっと呼んで来ますね」
ジェジュン先生は庭の方へ走って行き
水撒きをしているその人に
「ソンジェ!
ただいま!」
と飛びついた。

先生が叔父と言ったその人は水撒きする手を止めて
ジェジュン先生をしっかりと抱きしめた。

ふたりのその光景を見た俺は
何か胸がざわめく。

なんだろうか、この胸のざわめきは……




704_1494488_846176.jpg



『LOVE PHANTOM ラブ・ファントム(外科医ユノ×外科医ジェジュン)⑥彼の叔父』
jjyukihito
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

※『君との時間(社会人編)』に登場するイ・ソンジェとは 別設定の登場人物です。

こちらの‘ソンジェ’さんは、キム・ソンジェさん。ジェジュンの叔父にあたる人です。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
150位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。