jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限③『イケナイ悪戯⑫初めての夜』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

tcsearchnaveryj_20140610192917799.jpg


『イケナイ悪戯』の続きです
前回のお話はこちらです

限②『イケナイ悪戯⑪‘悪魔’の棲む城』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆




限③『イケナイ悪戯⑫初めての夜』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆


「眠くなって来たんじゃなかったのか?…くくっ」

「……////

……」

「はっきり言ってみろ(笑)」
ユノ先生の瞳の中に宿る光りは まるで‘悪魔の囁き’のように甘く俺を誘う。

「………

……ユノせんせ…

…抱いて ください…」

ユノ先生の口元がニヤリと笑う。
唇の上にある小さなほくろから目が離せない。

先生の唇で溶かして欲しい。何もかも…


熱く火照る体を
俺はユノ先生にゆだねた。


待ちわびた先生の唇が俺の唇を塞ぐ。
重ねられた唇は繰り返しついばむように口づけ
しだいに激しさを増す。

上唇を優しく吸われ…下唇を吸われ…
何度も繰り返し優しく吸われ
ユノ先生の甘い唇に蕩けてゆく…
「ん、っ… せん せ…」

激しさを増した先生の唇は
俺の咥内に舌を滑り込ませ
俺の舌をさぐり…
絡め取る。

絡め合った舌先から甘美な快感が体に拡がり
体の奥がますます熱く疼き始める。

どうしようもなく体の奥が疼き
口づけだけでは物足りなくなってる、なのに
ユノ先生は口づけだけで…いっこうに体に触れてくれない…。

悶える体は吐息がどんどん熱くなってゆくばかり

「はあ、はぁ…っ」

こんなにも熱いのに…。

体の奥の甘い疼きがこらえきれず
自分からユノ先生の首に腕をまわして
先生を誘うように激しく唇を求めながら

「…せん せ…
も…キスだけじゃ…や」

「どうして欲しい?…」

「……触って…」

ユノ先生が俺の体をぐっと抱きながら
耳元に熱い吐息でゆっくりと囁く。
「どこを?…どう されたい?」

「…ぜんぶ、からだじゅう…せんせ 触ってぇ」
先生の首に腕を絡めたまま先生を熱く潤んでる瞳で見つめた。

ユノ先生の口元がゆっくりと笑みを作る。
「可愛く‘おねだり’出来たな。

今夜は‘お医者さんごっこ’しようか」

「‘お医者さん…ごっこ’?…」

「ジェジュンの体を‘診察’してやる^^
体を起こして」
にこやかに微笑むユノ先生。
俺は言われた通り上半身を起こした。
先生が俺の着ているバスローブの胸元に
スルリと手を滑り込ませて来た。

「んあっ」
滑り込んで来た先生の手が
俺の胸の先端をつまんだ。

「な、なんの‘診察’ですか??」

「お前の体の‘感度’を調べます」
そう言ってユノ先生は俺の胸の先端をくりくりと弄り始めた。
「あんっ、んん、っ…あぁっ」

そして俺の着ていたバスローブをいきなり脱がし
もう片方の胸の先端を口に含んでぺろぺろ舐め始めた。
「あっっ、…んあ……ああぁっ」

待っていた快楽が突然与えられ
体がおかしくなりそうなほど感じ始めた。

「あん、…やぁっっ」
気持ち良すぎて悶える体はベッドの上で座ってられずに
激しすぎる快感から逃れるようにベッドの上に倒れ込んだ。

ユノ先生は俺に覆いかぶさり執拗に攻めて来る。
尖らせた舌先で俺の胸の先端を濡らし愛撫し
もう片方の胸の先端は指先で優しく時には激しく…。
ふたつの胸の飾りはじんじんと熱を持ち、体じゅうに甘い痺れが駆け抜けてゆく。
「あああっっ だめぇっ」
感じすぎて、下半身も敏感に膨れ上がり熱く昂ぶってる。

「触って欲しいと言っただろ?
胸の次は…どこが良い??」
ユノ先生の熱い息遣いが首筋にかかり
ますます下半身が熱く疼く。

先生は俺の胸の先端から指先を離し
今度はバスローブの裾を割って脚の付け根に手を滑り込ませて
俺の勃ち上がっているそこをやんわりと握って来た。

ゆっくりと動き出す先生の手に
「んああっ」
甘い喘ぎ声が先生の寝室に響き渡る。

もう寝室から夜景が綺麗に見えてる事なんて忘れてた。
ユノ先生の腕の中で思いきり乱れ
先生に狂わされて行った。




限③『イケナイ悪戯⑫初めての夜』
jjyukihito
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

加工画 お借りしてます
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
112位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。