jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑨ドキドキお泊まり』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

B37IHsNCIAAg09l.jpg

‘整形外科医ユノ’&‘ジェジュン外科医’バージョンの新作『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)』の続きです。
前回のお話はこちらです。

短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑧初お泊まりデート』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆



短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑨ドキドキお泊まり』
☆ゆのじぇじゅん創作小説☆


リビングへ入るなり
ジェジュン先生がじっと俺を見つめながら…

「ユノ先生、脱いで下さい」


うえっ い、いきなり 来たっ???!!! ////

ちょ、まだ 心の準備が!!!!

大丈夫だ、下半身の準備はすぐに出来る////



ジェジュン先生にいきなり“脱いで”と言われ
あたふたドキドキ////

ジェジュン先生はますます俺をじっと見つめ

「先生?脱がないんですか?上着?」

あ? う、‘上着’??

上着か//// 

えっちな事で頭ん中いっぱいの俺は 早とちり 恥ずかし////

「あ、上着、脱ぎます(笑)」

「??」
ジェジュン先生がきょとんとした顔して俺を見上げてる(笑)

上着を脱ぎ、
ジェジュン先生に脱いだ上着を手渡し
先生は俺から上着を受け取り、玄関近くのクローゼットの中へと仕舞った。

「夕食、すぐに用意しますから
ソファーに掛けて寛いでて下さいね^^」
俺に声をかけ、
今度はリビングのテーブルの上に向かって
「“ゆのゆの”、ただいま^^」
と挨拶している。

なに?? 誰か居るか?? 俺にはサボテンしか見えないが??

「“ゆのゆの”???」

「はい、“ゆのゆの”です。ユノ先生に紹介します^^
サボテン金晃丸の“ゆのゆの”です^^
ユノ先生の名前を借りて名前つけたんです。」
とにこにこ微笑んでる。

サボテンに俺の名前を???

しかも俺の名前をつけたサボテンに話しかけるって
可愛すぎる(TT) ←撃沈
dm-ka03n_01.jpg

「そうだ、野菜たちにも逢いますか?^^」
そう言ってベランダの方へ歩いていき
ベランダの窓ガラスを開けるジェジュン先生。

先生の後を追いかけベランダをのぞくと
広いベランダに野菜のプランターたちが綺麗に並んでいる。

外はすでに暗くなってはいるが
リビングの明かりで見える野菜たちはどれもキラキラと輝いてる。

「先生が育ててるんですか?
野菜たちがキラキラしてますね
それにベランダ…こんなに広いベランダ、見たことない」

瑞々しい野菜たちも素晴らしいが
ベランダの広さにも驚きだ。

「病院から近くて、なおかつベランダが広い部屋を探すのは大変でした^^
どうしても野菜を育てる場所が欲しくて、
この部屋はベランダがかなり広かったので すぐにこの部屋に決めました」

プランターの瑞々しい野菜たちを見れば
ジェジュン先生がとても大切に育てているのがすぐにわかった。

「あ、‘とまみ’と‘きゅうた’がサラダにして下さいって言ってます^^」

「‘とまみ’と‘きゅうた’??」

「‘とまみ’はミニトマトで、‘きゅうた’はきゅうりの名前です」と微笑む先生。

野菜たちに名前をつけてる外科医!!

な、なんて可愛いんだ!! 可愛すぎる! ジェジュン先生(TT)


俺は思わずジェジュン先生をひしと抱きしめていた。




B4VoZuTCAAAiDTY.jpg





短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑨ドキドキお泊まり』
jjyukihito

加工画お借りしてます

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
121位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。