jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑤そして外科医は…』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

B37IHsNCIAAg09l.jpg


‘整形外科医ユノ’&‘ジェジュン外科医’バージョンの新作『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)』の続きです。
前回のお話はこちらです。

短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)④休日後の再会』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆




短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑤そして外科医は…』
☆ゆのじぇじゅん創作小説☆


午後の回診を終え、
勤務時間がそろそろ終わる。

腕時計を何度も眺めながら そわそわ、そわそわ…
診察室と待合室を行ったり来たり、行ったり来たり。
18時まであと10分…

「ユノ先生?(笑)
どうされたんですか?
今日はいつもに増して、朝から楽しそうですね?^^」
整形外科医の窓口の少々年配の看護士が俺の様子に
くすくす笑っている。

「あ、今日、デ、‘デート’なんだ♪」

「あらっ 良いですね^^」

「まさか OKしてくれると思わなくて////
今日 ‘初デート’♪」

「‘初デート’!
それはウキウキしちゃいますね^^
どこへお出かけになるんですか?」

「食事してホテル////」

「はっ???? ホ、ホテル?????」

「あ、いや、何でもない、こっちの話////」

「いきなりホテル行くなんて 
ユノ先生、手を出すのが早過ぎじゃないですか?(爆笑)」

「ち、ちがうって、」

「もうすぐ18時ですね^^
楽しみですね(笑)」

その時、診察室の俺のデスクの電話が鳴った。
急いで診察室に戻り電話を取る。

「もしもし、ユノです」

電話の主はジェジュン先生だった♪

「え??? きゅ、急患???」

急患(TT)

「はい、はい、…わかりました。

大丈夫です、気にしないで下さい。

はい…」



勤務時間終了直前の急患。



ジェジュン先生は急なオぺに執刀する事になり
今夜の‘デート’はなくなった(TT)

外科医ジェジュン先生、オぺ頑張って下さい(TT)


今日の業務終了、チーン





B37As0rCEAAHZB1.jpg




短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)⑤そして外科医は…』
jjyukihito

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
73位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。