jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)③ある外科医の休日』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

B37IHsNCIAAg09l.jpg

ユノ先生が‘前立腺’検査をジェジュン先生から受けた場合のお話をお届けします。
‘ジェジュン外科医’&‘整形外科医ユノ’バージョンの新作『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)』の続きです。
前回のお話はこちらです。

『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)②』




短編『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)③ある外科医の休日』
☆ゆのじぇじゅん創作小説☆


“6/29(月) 外科医ジェジュンの休日”

9時…休日の朝はゆっくりと起床。
朝食の前にベランダへ出て、野菜たちの水やりと収穫。
今日収穫できたもの(きゅうり、ナス、ミニトマト、ピーマン、オクラ)。
野菜を収穫後、きゅうりとナスで浅漬けをつける。

珈琲豆とミネラルウォーターを全自動コーヒーメーカーにセットし、
珈琲豆を挽いている音が部屋に響き始めすぐに珈琲の香ばしい香りが部屋中に拡がる。
豆が挽かれたあとは湯を沸かしているコポコポとした音が聞こえて来て、
ゆっくりとドリップが始まる。

珈琲を淹れている間に朝食の準備をする。
獲れたての野菜でサラダをつくる。
ささみをボイルして細めにさき、野菜と一緒にサラダボウルに盛りつける。
スクランブルエッグと、トーストしたレーズンパンを皿にのせ
あとはヨーグルトの準備。
ヨーグルトにはカットしたフルーツをのせ
朝食完成。

珈琲が出来あがった音が鳴る。
抽出された珈琲をマグカップに注ぎ
ダイニングテーブルに運ぶ。

ひとりの静かな朝食が始まる。
部屋中に立ち込める香ばしい珈琲の香りに包まれ
至福を感じながら
新聞に目を通す。

朝食が終わった後は書斎へ移動。
大学病院の先週の学会の資料にすべて目を通す。
特に真新しい研究発表はなし。

部屋の掃除をして
食材の買い出しがてら外出し、ランチは気に入っているカフェへ。
今日は天気が良かったので
オープンカフェの方へ案内された。

今日の休日は急な呼び出しは無く、平穏だ。

食材の買い出しから戻り、リビングでゆっくり寛ぐ。

ふと昨日逢った整形外科医のユノ先生の事を思い出し、
テーブルの上のミニサボテンに話かける。

「金晃丸(サボテンの品種の名前)、
昨日、ユノ先生に逢った。
面白い人だった^^
昨日‘検査’を受けたのにまた今日も‘再検査’を受けたいと…。
‘検査マニア’なのだろうか?(笑)
それとも俺の腕を心配したのか?(笑)」

金晃丸(サボテンの品種の名前)を見ながら
‘なにか’に似ているような…と思い、考えをめぐらす。

dm-ka03n_01.jpg

「ああ、昨日のユノ先生の…」
診察台の上のユノ先生を思い出し、、←医師として見慣れているので冷静。

「お前、ユノ先生に少し似ている気がする^^
今日からお前の名前、“ゆのゆの”にしよう^^」

外科医ジェジュン命名“ゆのゆの”
dm-ka03n_01.jpg

夜になり
夕食を済ませた後
病院へ電話を1本いれる。

外科診察室の看護士が電話に出る。
「あ、ジェジュン先生。」

「今日は特に変わった事はなさそうかな?」

「はい^^
あ、そう言えば、昨日‘再検査’を申し込まれた整形外科医のユノ先生なんですが…
‘再検査’を受けずに帰られました」

「そう?
なぜだろう?」

「さぁ…よくわかりませんが」

「わかりました。
また病院内でユノ先生をお見かけする事があれば
うかがってみましょう^^」

「はい^^
他は特に今のところ変わりないです」

「ありがとう」

電話を切って、
“ゆのゆの”にまた話しかける。

dm-ka03n_01.jpg

「“ゆのゆの”、
ユノ先生は‘再検査’を受けなかったそうだ。
‘検査マニア’と言うわけでなさそうだな?(笑)
…俺の診立てを心配したわけでもなさそうという事か…」

なぜ‘再検査’を受けなかったのだろう??

わからないな。

自分から“再検査”を希望したのに?…

やはり‘面白そうな男’だ^^


※ 整形外科医ユノ先生の印象は、ジェジュン先生には意外にも‘好印象’??


ユノ先生を見かけたのは…
もう半年以上前。
俺がアメリカから帰国して今の大学病院に勤め始めて間もない頃だった。

病院の中庭で白衣を着たあるひとりの医師が患者の車椅子をおして散歩している姿を見かけた。
車椅子の患者の前に膝まづいて、にこにこ笑いながら話しかけてるその医師の姿が印象的だった。
自分は医師として 病気と患者の病気を治すことにしか興味が無く、
その医師が患者と向き合って笑っている姿を見て
自分はその医師のように患者と向き合ったことがあっただろうかと…
あの時、ハッとさせられたのだ。

俺の近くに居た看護士にその医師の名前を聞いたら
“整形外科医のユノ先生”だと教えてくれた。

そして昨日初めてそのユノ先生と間近に逢ったのだった。



~外科医ジェジュンのプロフィール~

病気と患者を治すことにしか興味がなく、
健康な人への興味は極めて希薄。

恋愛経験なし。(告白されて付き合ったことはあるが、自分から興味を持って付き合った事がないため、
今まで付き合った人間の事は“記憶”に残っていない。)


B37As0rCEAAHZB1.jpg




『イケナイ悪戯(ジェジュン外科医バージョン)③ある外科医の休日』
jjyukihito

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
121位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。