jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 巴里(パリ)の風⑫ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょん
今日は『巴里(パリ)の風』の続きです
前回のお話はこちらからお願いいたします

『巴里(パリ)の風⑪』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆



『 巴里(パリ)の風⑫ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

o0800060013151625720.jpg

仕事が終わって店を出ると

オレンジ色の街燈の下に

ユノらしき姿が見えた。

ユノの姿を見つけて俺は嬉しくなった。





自転車を停めて

その自転車の脇に立っている。

冷えた夜の空気の中 ユノの唇から白い吐息がこぼれる。


その人影にこっそり歩み寄ってゆく・・・

ニット帽をかぶった横顔をのぞく。




「ユ・ノ ^^」




「おわっ 

ジェジュン」




「なに驚いてんだよ(笑)

俺の事 待っててくれたんじゃないの?(笑)」




「いきなり現れるからっ」




何をそんなに慌ててるんだか(笑)

俺の顔を見るなり照れてるユノが可愛い。

まわりに誰も居ない事を確認して

ユノの横顔に チュッとキスをする。




「ジェ、ジェジュン////」

俺がキスした頬に手を当てて

さらに照れてる。


照れながらも

停めてあった自転車の鍵を外して

「後ろ乗って ジェジュン」

楽しそうなユノ。


「うん」

自転車の荷台に勢いよくまたがる。

「俺の部屋へ 出発~♪」

元気よく俺が声をかけると

「きちんとつかまってろよ」

全力で漕ぎだすユノ。


途中坂道でふたりして両脚広げてジェットコースター気分で坂道おりて

子供みたいに はしゃぎながら

俺の部屋まで帰って来た。


冬の冷たい空気で耳がキンキンして耳の奥が痛い。


俺のアパルトマンへふたりで帰って来て

「カフェ・オレであたたまろう」

キッチンで急いでカフェ・オレを作る。


カフェ・オレを作っているところへ

ユノがやって来て

両手で俺の両耳をあたためるように包んで来た。

「耳・・冷たかったろ?ジェジュン」


「冬の空気は 耳が痛くなるな」

ユノの大きくてあたたかい手で覆われた両耳は

少しずつ温もりを感じ始める。


「もうカフェ・オレできたよ」

ユノがちょっと名残惜しそうに俺の耳から手を離す。


カフェ・オレをカップに注いでる俺をじっと見てる。


ユノの視線を感じながら

リビングのテーブルへカフェ・オレを運ぶ。


テーブルの上にカフェ・オレを淹れたカフェ・オ・レ・ボウルをふたつ並べる。


ユノと向かい合わせに座って

それから俺は

体を少し前屈みにしてユノの顔の前で瞳を閉じる。


たぶん・・・さっきからユノは キスしたいんじゃないかと・・・・・・



瞳を閉じて待つ・・・

頬にユノの指が触れて

ゆっくりと唇を重ねて来た。


優しく触れた唇は一度離れかけて

俺が唇を半開きにすると

ユノが襟足に手を差し込んで来て

深く唇を重ね合わせる。


ユノの柔らかな唇が何度も優しく俺の唇を吸う・・・

舌が触れ合って

深く絡め合えば

体に甘美な感覚が広がってゆく・・・


しばらく唇を重ね合って・・・

ゆっくりと唇が離れる。


キスした後

ユノを見つめる。


「あ、あの・・ジェジュン・・・」

ユノの顔がまた赤く染まってる。


「なに?」

ユノににっこり微笑んで見つめ返す。


「今日・・あの・・」


ユノが自分のリュックを ぎゅっと抱えながら


「お、


‘お泊まり’の準備して来た。


今日、帰らない」


それだけ言うと膝の上に抱えているリュックをまたぎゅっと抱きしめて俯くユノ。



なんなんだ、この可愛いユノ(笑)



あまりの可愛さに 少しの間じっと見つめて

ユノの次の行動をうかがう。


俺はあえて何も言わずに・・・(笑)


しばらくしても俺からの返事が何もないと


ユノが顔をあげた。


「・・・だめ?・・・・・」

俺を見つめるユノの瞳が必死だ。


瞳が濡れて揺れてる。


可愛すぎる

うるうる瞳のユノ!!!


「ユノは~ ‘お泊まり’して


‘なにを’ したいの?」

o0800106413151974572.jpg



『巴里(パリ)の風⑫』
jjyukihito
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
73位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。