jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Black Rain(恋人編)ビターチョコレート③』





あんにょん

『Black Rain(恋人編)』の続きです

さきほどのお話はこちらです


『Black Rain(恋人編)ビターチョコレート②』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆















『 Black Rain(恋人編)ビターチョコレート③ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆











・・・・すごく幸せだ





全身にユノの温もりが伝わってゆく。

触れ合ってるだけで

ユノの愛情が俺の全身に伝わって・・・満たされて・・・




「ユノ・・・・

好きだ・・・・」




自然に俺の唇からこぼれる。




俺はユノの首に腕をまわして

ぎゅっとユノを抱きしめた。




そして俺からユノに口づけた。



俺から キス しちゃった


触れるだけのキスだったが

めちゃくちゃ心臓がバクバクしてる。


ゆっくり唇を離す・・・・


ユノの首に腕をまわしたまま

どきどきしながらユノを見る。


すげぇ デレデレしてるユノの顔が目の前にある。


「ぶはっ ユノ! 顔がだらしない!(笑)」


あまりにもデレデレした恋人の顔に

俺も照れる。


らしくないことをした恥ずかしさに

ユノの首にまわしていた腕を離して

片手で顔を覆う。


恥ずかしくて仕方ない。


ユノが照れてる俺の腕をつかんで俺を抱き寄せて

優しく抱きしめて来た。

ユノが俺に甘えるように・・・・・。


「・・・・・幸せすぎんだけど・・・・(笑)


どうしてくれるんだ? ジェジュン?(笑)


・・・・・幸せすぎて


羽・・・はえちゃってる」


ユノ・・・お前と居られて幸せで 嬉しくてふわふわしてるのは

俺も同じ。


お前と一緒に居ると


もうお前なしじゃ・・・生きていけないって


いつもいつも 繰り返し思う。



ユノ、お前は俺の半身。




お前にこんなこと言ったら

笑われるかもしれないが

お前は俺の半身だって そう思う。




俺の魂の片割れ。




どうして人は生まれて来ると思う?


それは自分の半身を探すため。




もともとの魂を

神は わざと半分にして

人間の体の中に 半分の魂を吹きこむんだ。


この世の中に生まれ落ちた その時から 半身を探す旅が始まる。




必ず 半分になった魂の相手を探す・・・・


“運命の人”・・・・それがその相手だ。


どこに居ても 必ず めぐり逢う



ユノと抱きしめ合う時


体が 魂が・・・ひとつになったと感じるんだ。



抱き合うほど


強く確信してゆく



お前が俺の半身だと










『Black Rain(恋人編)ビターチョコレート』  つづく

















『Black Rain(恋人編)ビターチョコレート③』

jjyukihito

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




加工画 お借りしてます
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
107位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。