jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Black Rain(恋人編)君はビターチョコレート⑤』




あんにょん

本日5つめのゆのじぇじゅん創作小説は

お久しぶりの“Black Rain”のふたりの続きです^^

さきほどのお話はこちらです



『Black Rain(恋人編)君はビターチョコレート④』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆













『 Black Rain(恋人編)君はビターチョコレート⑤ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆







<ユノ視点>




ジェジュンと俺は

無事に仲直り。





ジェジュンの部屋で甘いバレンタインデーのやり直しだ。





ふたりで部屋へ帰って来て

ジェジュンは俺の体を心配して

「ユノ、今すぐ風呂の用意するから

風呂入って体あたためろ」とバスルームへ行って風呂の支度をし始める。





ジェジュンの後を追いかけて・・・

俺もバスルームへ。


仲直りできた俺はさっそくジェジュンに甘える。





「一緒に入りたい^^」

ジェジュンを見つめて

にににこ微笑む。





「え?あ、(//・_・//) ふ、風呂くらい ひとりで入れっ////」って恥ずかしがってるジェジュンが

何とも可愛い。





ジェジュンは口ではそうは言ってるが‘No’じゃない反応だ^^





バスルームから出てバスタオルを取りに行くジェジュンを俺はまた追いかけて

バスタオルをクローゼットの棚から取り出したジェジュンを後ろから抱きしめる。





「ふたりで風呂入った方が

あったまるだろ^^」





「ゆ、ゆのっ!! ////」





俺はジェジュンの手を引っ張って

バスルームへ向かう。





「一緒にシャワー浴びて^^

いろいろ‘して’^^

風呂に入って

またいろいろ‘しよう’^^」





「ゆのっ!!!」





「バスルームで‘する’の 好きだろ^^」





「ばっか!!!! ユノのばか!!!!」













今日はバレンタインデー。




俺の愛する恋人はビターチョコのように ちょっぴりほろ苦^^




ビターな お前とふたり 今夜も甘い夜を過ごす






















『Black Rain(恋人編)君はビターチョコレート⑤』

jjyukihito

☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
112位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。