jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『君との時間(恋人編)ピュアラブリーエンジェル②』












『 君との時間(恋人編)ピュアラブリーエンジェル② 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆












今日も俺の恋人 ピュアラブリーエンジェル ジェジュン先生は

超絶可愛い。




今日は先生の家で 勉強だ。




ジェジュン先生は勉強してる時の真剣な表情も美しく

俺は先生の綺麗な横顔にうっとり見惚れていた。




はぁ 今日も美人だ、先生。




先生の色白のうなじが たまらん  うっとり (*´Д`)=з







艶めかしい そのうなじに俺は目が釘付けだ。







「なに?ユノ君、どこかわからない?^^」







はっ∑(-x-;)







俺があまりにもじっと見つめているので

ジェジュン先生に気づかれてしまった。




「なんでもないっ!」




慌ててノートに視線をうつすも




「・・・・・・ちゃんと明日の分予習してる?(笑)」




先生にはバレてるっぽい・・・くすっと笑われた。




「がまん できないの?(笑)」




「ちがう ちがう! ちゃんと予習してるって!!」




バレバレだってわかってるけど・・・・




「どこ?




どこに?」




先生が俺のノートをのぞき込んで来た。




先生が俺のノートをのぞき込んで来たので

俺の目の前に先生の色白の艶めかしい うなじが







ゴクンッ







超絶ムラっとした瞬間




うっ∑(-x-;)







鼻から鼻血 !!







「ゆ、ユノ君っ!!




鼻血出てるっ!!!




だいじょうぶ?!」










今日も俺は“若さ”がみなぎってる





























『君との時間(恋人編)ピュアラブリーエンジェル②』

jjyukihito




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
150位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。