jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『甘い蜜~always be mine~⑰』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょん

『甘い蜜』の続きです

前回のお話はこちらです

↓↓
『甘い蜜~always be mine~⑯』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆





甘い蜜~always be mine~⑰☆ゆのじぇじゅん創作小説☆






ユノが触れている俺の額から

ユノの温もりが広がって

顔が いや 体中がいっきに熱くなった。


心臓もどきどきして


「ちょっと・・・外の空気・・・吸って来る・・・」


講義中だったが

俺は授業の用意を鞄につめ込んで

教室を出た。



大学の裏庭にある広い芝生で横になって落ち着こうと

長い廊下を歩いた。



「ジェジュン!!」

後ろから俺の名前を呼ぶユノの声が聞こえる。



なんで追いかけてくんだよ ユノ(TωT)



俺に追いつき

「だいじょうぶか?ジェジュン?」

ユノが俺の顔をのぞき込んで来た。



だ、だから 顔 近づけんなって。



「だ、だいじょうぶだっ

ユノ 授業戻れよ

昨日 夜眠れなかったから

ちょっと休んで来るだけだから」


俺が眠れなかったと言うと

ユノはよけいに心配して

「何か 心配事か?

悩んでる事あったら 話してくれよ

俺で力になれる事もあるかもしれないから」


と言われてもな

まさかお前の事考えてて眠れなかったと言えるわけもなく・・・


親友のお前を好きだと告白するわけにもいかねぇし


「ほんと だいじょうぶ」

とユノに答えたが

ユノは俺から離れる様子もなく

俺について来る気だ。


俺はユノをちらりと見て・・・


「裏庭の芝生でちょっと眠るだけだぞ

・・・・・・・」


「じゃぁ、俺も付き合う」

ユノはにこにこしてついて来た。



裏庭までやって来ると さすがに授業中の今

人は居なくて静かだった。


裏庭と言っても

日当たりも良く芝生の手入れも行き届いたこの場所は

昼休みや休み時間には

学生たちの休憩の場所となっていた。


俺は木陰の下に寝転がった。

俺が寝転ぶと隣にユノも寝転んだ。


相変わらずユノの事が気になってはいたが


寝転んで上を見れば

黄色に紅葉した葉っぱたちの隙間から太陽の柔らかな日差しが降りそそぎ

黄色の葉っぱと、その向こうに見える秋の清々しい青い空のコントラストが綺麗だった。


ぼんやり空を眺めていると


「ジェジュン、腕枕してやる」


いきなりユノが話しかけて来た。


う、腕枕って(//・_・//)


突然何を言い出すんだユノ!!


空を見て落ち着きかけていた俺の心臓は

またどきどきが早くなった。


「ぎゅっとしてもらうと

安心して眠れない?」


あ・・・・・俺が眠れないって言ったから

俺が眠れるように ユノなりに気を遣ってくれているらしい。


俺がユノの言葉にかたまって

何も返事をしないままで居たら

ユノはさっさと腕枕の体勢で

俺の頭を抱えて来た。


うわぁぁーーーーー

めちゃどきどきするんだけどーーーー(/ω\*)


ユノ近すぎっ


腕枕の体勢でユノに頭を抱えられてる俺の心臓は

もうドキンドキンがユノに聞こえてんじゃねぇかってくらいドキドキ


“離してくれ”の言葉も出ない


そんな俺のドキドキにお構いなしに

ユノは子守唄を歌い出した。



♪鳥は 鳥は 木に眠り
ねずみは ねずみは 穴に眠り…

鳥、牛、犬、カエル、魚、松ぼっくり・・・生き物たちがみんな眠りにつくのと一緒に、赤ちゃんもすやすや。


わたしの赤ちゃんはどこで眠るの
お母さんの胸で眠るのよ♪



ユノの優しい歌声が俺の耳と体に心地良く響く・・・・


秋の清々しい陽射しや 太陽であたためられた芝生の自然なあたたかさと

ユノの体から伝わって来る温もりと漂って来るユノの匂い・・・


俺はユノと秋の穏やかさに包まれて

だんだん うとうとして来て

いつの間にかユノの腕の中で

心地良い眠りに落ちて行った。



繰り返しユノが歌ってくれる子守歌。


うとうとして意識が遠くなって来た俺の耳にかすかに聞こえるユノの子守唄・・・・


“わたしの赤ちゃんはどこで眠るの
お母さんの胸で眠るのよ♪”の部分が


最後俺の耳に聞こえて来たのは


“ジェジュンは どこで眠るの

俺の胸で眠るのよ♪”・・・・


ユノの替え歌になっていた。











※韓国の자장노래(子守歌)、「새는 새는 나무 자고(鳥は鳥は木に眠り)」参考


『甘い蜜~always be mine~⑰』

jjyukihito

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

スポンサーサイト

Comment

1. 優しい

ユノ君
優しいですね

子守歌 歌ってくれて
腕枕とは?

なんと無防備な…

替え歌!

ジェジュン君
危険な予感

羊君 優しい狼君が…

もしかして
「Kiss」

妄想中~☆

気になる展開

ジェジュン君どうなるのかなぁ?

ユノ君の腕枕 心地よいのでしょうね
  • posted by カブト
  • URL
  • 2014.11/05 14:27分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
121位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。