jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Archive [2014年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

『甘い蜜~always be mine~⑳』

あんにょん 『甘い蜜』の続きです 前回のお話はこちらです 『甘い蜜~always be mine~⑲』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 甘い蜜~always be mine~⑳ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 俺はお前を好きなのに 好きなのに・・・・ ユノとのはじめてのキスは 俺の胸を切なくするばかりだった。 ひとしきり泣いて ようやく涙が落ち着くと ユノとどんな顔して会っていいか わからなかったが いつまでもこの場所に居るわけにもいかない。 教室...

『甘い蜜~always be mine~⑲』

あんにょん 『甘い蜜』の続きです 前回のお話はこちらです 『甘い蜜~always be mine~⑱』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 甘い蜜~always be mine~⑲ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 舞い落ちる黄色の葉っぱたちを見ながら 俺は混乱していた。 今の・・キス・・・・なに?・・・・・・ ユノからの突然のキス。 一瞬だけ触れたユノの唇・・・ どうして 俺にキスしたんだ?? はじめてのキス・・・・ 立ち去るユノの背中が寂しそうに見...

『甘い蜜~always be mine~⑱』

あんにょん 『甘い蜜』の続きです 前回のお話はこちらです 『甘い蜜~always be mine~⑰』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 甘い蜜~always be mine~⑱ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ ユノの腕枕と子守歌で 気付けば いつの間にか眠っていた。 どれくらいの間眠っていたか わからないが ユノの腕枕にドキドキしながらも ユノから伝わって来る体の温もりとユノの歌う子守歌に癒されて・・・ 睡眠不足だった俺は深い眠りに落ちていた。 体...

皆さぁ~ん!! ☆『Red Star』について☆

限③『Red Star⑳』の続き 読みますか~?皆さん お待ち下さってる~ jjyukihito*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆...

『甘い蜜~always be mine~⑰』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょん『甘い蜜』の続きです前回のお話はこちらです『甘い蜜~always be mine~⑯』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 甘い蜜~always be mine~⑰ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ ユノが触れている俺の額から ユノの温もりが広がって顔が いや 体中がいっきに熱くなった。心臓もどきどきして「ちょっと・・・外の空気・・・吸って来る・・・」講義中だったが俺は授業の用意を鞄につめ込んで教室を出た。大学の裏庭にある広い芝生で...

【中間発表~♡】“萌えキャラ”決定戦~♡是非ご参加下さいませ♡

【中間発表~】2014.11.3-10:01:26昨夜から開催させていただいております“萌えキャラ”決定戦中間発表~ただ今のトップは『Red Star』のユノ課長(*^o^*)  そして2位は 『Red Star』のジェジュン(*^o^*)  1位と2位、接戦です次いで『甘い蜜』の学生ジェジュン、『甘い蜜』に学生ユノ と言う感じです~(*^o^*)まだまだ 巻き返しは可能ですあなた様の清き一票 お待ちしておりますので是非とも“萌えキャラ”決定戦 ご参加下さいま...

『甘い蜜~always be mine~⑯』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょん『甘い蜜』の続きです前回のお話はこちらです『甘い蜜~always be mine~⑮』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 甘い蜜~always be mine~⑯ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ ユノに “恋”してると気づいてしまった俺は今まで当たり前のように居たユノの事が講義中も 気になって気になって仕方なかった。ユノを意識し過ぎて自分の隣に座っているユノに全神経が集中して講義の内容も耳になかなか入って来ず先生の声が遠い。ちらりと...

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
107位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。