jjyukihitoの秘密の花園

ゆのじぇじゅん創作小説オンリーサイト

Archive [2014年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

『 Black Rain(恋人編) 溺れる夜⑦ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょんゆのじぇじゅん創作小説『Black Rain』“恋人編”の続きです前回のお話はこちらからお願いします『Black Rain(恋人編) 溺れる夜⑥』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆『 Black Rain(恋人編) 溺れる夜⑦ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆俺はユノのシャツの一番上のボタンから外し始め・・・ひとつずつボタンを外してゆく・・・ボタンを外してゆくごとにユノの素肌が少しずつ見えて来る。シャツの隙間からユノのしなやかな体が見えた時...

『Black Rain(恋人編)溺れる夜⑦』お引っ越ししました☆

あんにょん以前アップした『Black Rain(恋人編)』の続きが、いつの間にか 削除されていて 気づきませんでしたσ(^_^;)すみませんこちらへお引っ越しいたしました『Black Rain(恋人編)溺れる夜⑦』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ jjyukihito*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆...

『Black Rain 26』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょんお待たせいたしました。『Black Rain』の続きです(*^o^*)前回のお話はこちらからお願いいたします『Black Rain 25』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 Black Rain 26 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆どれくらい眠ったか わからないが・・・俺は目が覚めた。目覚めたものの体が気だるく まだどこか夢の中に居るような・・・ぼんやりとした感じだった。ぼんやりしながら自分が眠りに落ちる前の事を思い出そうとした。少しずつ意識...

『乱反射(社会人編)乱気流⑥ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょんゆのじぇじゅん小説『乱反射』の続きです前回のお話はこちらです『乱反射(社会人編)乱気流⑤』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 乱反射(社会人編)乱気流⑥ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆「お前と一緒に居たいんだ」突然俺の手を引っ張ったかと思うとユノは俺をきつく抱き締めて来た。「わかってんだろ?ジェジュン・・・俺の気持ち?・・・・」「離せ ユノっ」ユノの腕の中から逃れようとするが俺が逃れようとすればユノはま...

『乱反射(社会人編)乱気流⑤』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょんゆのじぇじゅん小説『乱反射』の続きです前回のお話はこちらです『乱反射(社会人編)乱気流④』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 乱反射(社会人編)乱気流⑤ 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ユノは酒が進むにつれだんだんと顔に赤みがさしていった。「ユノ、お前また飲み過ぎんなよ(笑)」「だいじょうぶ、今日金曜だしな、お前ん家 泊まる」「ここからお前かついで帰るの ごめんだぞ」俺の言葉も聞かずユノはまた飲み物をオ...

『Black Rain 25』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょんお待たせいたしました。『Black Rain』の続きです(*^o^*)さきほどのお話はこちらからお願いいたします『 Black Rain 24 』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 Black Rain 25 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ふたりで ひとしきり抱き締め合うとユノは再び俺自身を口に含んで愛し始めた。ユノに再び愛され始めた俺自身はもうすぐに達しそうになった。「はぁっユノ・・・口 離せイキ・・そうっ」俺自身に絡みつくユノの舌の動きと口...

『Black Rain 24』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょん大変お待たせいたしました。『Black Rain』の続きです(*^o^*)前回のお話はこちらからお願いいたします『 Black Rain 23 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 Black Rain 24 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ユノは俺の素肌あますところなく口づけると、再び俺を見つめて来た。「俺の心には・・・いつもお前だけだ」 重ね合う唇はますます熱く俺たちふたりはふたりの初めての夜に溺れてゆく・・・・触れ合っている素肌の温もりも...

うわっ!! “超絶腐女子”決定?!

こんなツィ見かけたんだけど@shimada_syuhei この手相がある人は腐女子らしいのだが...ww ほんとかどうか実験したいので当てはまる人RT ゆきひと 両手にあるけど?? 皆あるんじゃないの??「両手にあるの??“超絶 腐女子”じゃん!!」「まぁ わかってたけど。」*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆...

『 Black Rain 23 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆

あんにょんお待たせいたしました『Black Rain』本編の続きです前回のお話はこちらからお願いします『Black Rain 22』☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ 『 Black Rain 23 』 ☆ゆのじぇじゅん創作小説☆ユノの熱い吐息が自分の首筋や耳にかかると自分の体が熱くなってゆくようで俺はそれを‘気のせい’だと思い込もうとした。けれどもそんな俺に構わずユノは俺を後ろからぎゅっとますます深く抱き締めて来る。ユノに背を向けて横になっている俺...

限『 Black Rain(恋人編) 溺れる夜⑧ 』 ゆのじぇじゅん創作小説

あんにょん『Black Rain』恋人編の続きです☆前回のお話はこちらからお願いします↓↓『Black Rain(恋人編)溺れる夜⑦』限『 Black Rain(恋人編) 溺れる夜⑧ 』 ゆのじぇじゅん創作小説「ジェジュン 可愛すぎだ」俺の体を抱き締めながらスウェットのズボンの上から俺自身にいきなり触れて来た。「あぁっ」すでに熱く固くなって狂いそうになってる俺自身はユノに突然触れられてさらに固く張りつめた。ユノに触れられた甘い感覚がたま...

左サイドMenu

最新記事

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

jjyukihitoの秘密の花園

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1562位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
99位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。